ロレックスの中でも、最高峰モデルと呼ばれているモデルがあります。ロレックスユーザーの中では、憧れのモデルとも言われていますので、数あるロレックスの中でも買取に出すタイミングが、常にある時計のひとつと言えるかも知れません。
今回は、ロレックスの中の最高峰モデルについて見てみたいと思います。

デイデイト

デイデイトは、1956年に誕生し、当時のアメリカ大統領であるアイゼンハワー氏に贈られました。このことに由来して「プレジデントブレスレット」と呼ばれるようになりました。
デイデイトは、素材にステンレスを使用せず、プラチナ、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの4つの素材を使用しています。

特別な仕様

また、デイデイトが憧れのモデルと言われているのには、デイデイトにしか搭載されていない特別な仕様があるからかも知れません。
12時の位置にある曜日表記は、26か国語の中から選択することが可能です。リューズの形も、プラチナモデルは1つのドット、他のモデルは2つのドットになっています。
豊富なバリエーションが存在するのもデイデイトの特徴と言えます。

誕生から60年以上経ても、変わらぬ人気を保ち続けているデイデイトですが、宝飾品のような美しさと実用性を兼ね備えた数少ない時計と言えるのではないでしょうか?だからこそ、その価値を正しく判断してくれる買取業者を慎重に選びたいものです。